Home Featured

Featured

ICO詐欺の見極め方

投資家が身を守るのためのヒント 急上昇するビットコイン価格に沸く現在の暗号通貨環境では、資産家の人々は、この領域のスタートアップが彼らに利益を約束してくれるものと期待します。ICOは、新しい暗号通貨ベンチャーを立ち上げようとする人々と、それらのプロジェクトの潜在的スポンサーとの間を橋渡しするものです。 簡単に言えば、ICOの要点は以下の通りです。仮想トークンとも呼ばれる潜在的な暗号通貨の一定割合は、初期の投資家に法定通貨やその他の既存のデジタルキャッシュと引き換えに売却されます。プロジェクトが成功した場合、購入したコインの価値は時間の経過とともに高まり、投資家は大きな利益を得ます。スタートアップが十分な資金を調達できなかった場合、投資家は資金を回収するかもしれません。 悪名高き詐欺ICO お金が大きく動く新たな場所は、むかしから詐欺師を引き寄せます。ICOも例外ではありません。詐欺アーティストたちは、不正なプロジェクトのICOキャンペーンを発表し、資金を調達し、消え去りました。そのため、初期の投資家は、この種の投資を検討する際には注意する必要があります。以下に説明されている最も挑発的な事件のいくつかは、典型的なICO詐欺を理解するのに役立ちます。 Opair 2016年にあったOpairによる詐欺ICO。その背後のろくでなしどもは、偽のスタートアップのために100万ドルを調達し、ICO参加のリターンとして分散型のデビットカードを約束しました。残念ながら、Opairの参加者が当初からかなり疑念を抱いていたという事実をもってしても、関係者を思いとどまらせるものではありませんでした。 具体的には、このろくでなし達は、偽の詳細な個人情報と写真でLinkedInプロファイルを設定していました。さらに、スタートアップの代表は、プライバシーに関する懸念から、暗号通貨関連のイベントに参加するすべての申し出を拒否したり、潜在的な支援者とビデオ通話をしたりすることさえ拒否しました。 結局、Opairコインが取引所に上場された直後に、詐欺師はそれらを投げ売り、彼らのウェブサイトは消えました。投資家は明らかに全てを失ってしまいました。 BitCad このICOは、不当なOpair詐欺よりももう少し議論の余地がありました。最初から詐欺であったのか、それとも所有者が対処できなかった何かを創出しようとして失敗したのかどうかはまだ不明です。いずれにせよ、人々は大金を失いました。 BitCadは、ビジネス活動、取引、さらには政府機能の多くの分野の代替品となることが意図されていました。特に、バイオメトリック認証、分散型商取引エンジン、スマートコントラクト・コンストラクタに対応することになっていました。一方、これらの洗練された機能を実装するメカニズムは、大部分が謎でした。それにもかかわらず、ICOでは500万ドルを調達しました。 大規模なBitCad参加者の一部が立ち上げ直後にプロジェクトを放棄したとき、状況がきな臭くなり始めました。ほぼ同時期に、チームは新しいアナウンスの投稿をやめました。何かがひどく間違っているという明白な兆候にもかかわらず、初期の支援者のうちの何人かは、近い将来、BitCad構築者からの良いニュースをいまだに期待しています。 Authorship AuthorshipはERC20(Ethereum token standard)プロジェクトとして販売されました。その目標は、著者、出版社、記者、翻訳者がATSトークンを介して知的業務に報酬を与えるための分散化された手段となることでした。このICOでは約100万ドルを調達しました。 Authorshipの話と現実の間の矛盾は、投資家に早期の気づきを与えたはずですが、そうはなりませんでした。主導者たちは、書店を運営している経験から動機づけられたと主張しました。しかし、店舗のウェブサイトにアクセスすると、鉛筆、メモ帳、ビニールのステッカーだけを提供そているため、その幼稚性が最初から発覚します。またもってのほかですが、Authorship主導者は架空の本部住所を掲載していました。 結局、多くの支援者はATSトークンを手に入れませんでした。何名かは入手しましたが、その価格は約束よりずっと低くなっていました。したがって、「幸運な」投資家であっても、Authorshipによって資金の最大80%を失ってしまいました。 安全にICO投資する方法 ほかの投資行為と同様、ICOにはリスクがあります。そのため、合理的な範囲内でこれらの暗号通貨スタートアップを分析し、ICO参加を検討する前に長所と短所を比較する必要があります。ICOの妥当性を検証するための普遍的な基準はありませんが、いくつかのことを精査することは理にかなっています。 ホワイトペーパーの熟読 ICOのホワイトペーパーでは、プロジェクトチーム、目標、開発ロードマップ、トークンの実装、暗号通貨取引所へのトークン上場の予定時期、および投資家が関心を示しそうな同分野の技術についての洞察を提供しています。 そのため、時間をかけて(細かい部分も含めて)それを読んで、スタートアップの要点を他人に詳しく説明できるくらいまで確認してください。しかし、不正なICOにもホワイトペーパーある可能性に注意が必要です。したがって、ホワイトペーパーが用意されているだけでは、そのICOの正当性に関して最終的には結論付け出来ません。 ウェブサイトとソーシャルアカウントの精査 これは簡単なことですが、多くの注意すべき示唆を得ることができます。 ICOのウェブサイトは素晴らしく作りこまれたものである必要はありませんが、有効なSSL証明書(URLはHTTPSで始まります)を使用しているべきでしょう。 さらに、信頼できるスタートアップには、ICOについての情報を広め、オンラインコミュニティと交流するソーシャルメディアマネージャーが必要です。その人と連絡を取り、いくつかの質問をし、彼らがどのように反応してプロフェッショナルであるかを確認してください。 支持者を探す ブロックチェーン分野で評判の高い人がICOをサポートしている場合、確実にプロジェクトにプラスになります。しかし、著名な専門家を擁することができないスタートアップがすべて詐欺だということではありません。 コード監査の検証 プロジェクトのコードがバグ、マルウェア、セキュリティの抜け穴などの脆弱性について完全に監査されているかどうかを確認します。 コード監査が有名なセキュリティ研究者によって行われたことを確認してください。このような洞察は、ICO主導者がスタートアップにどの程度真剣かについての重要な手がかりとなります。 投資に関する決断をする前に、長い話を短くし、慎重に動き、自分自身で調査を行い、あなたの直感に従ってください。あなたのチェックリストのすべての質問に満足いく答えがない限り、ICOの仮想トークンを購入することを控えてください。再度になりますが、新たな暗号通貨ベンチャーに加わることになると、より一層の疑り深さが必要になるでしょう。 2018年に仮想通貨でギャンブルは非常に人気になりました。 今後数年間で成長すると予想しています。

エクソダス ビットコイン ウォレット

エクソダス ビットコイン ウォレット(Exodus) エクソダス(Exodus) 仮想通貨ウォレット - 仮想通貨に投資するなら知っておきたい海外の代表的なウォレットのひとつ、エクソダス(Exodus)をご紹介。 https://www.exodus.io/ エクソダスはWindows,Mac,Linuxに対応しているPCインストール型ウォレットです。Web形式のウォレットの多くは秘密鍵もWeb上に保管されていることが多いため、このPCインストール型はより安全と言えます。 複数のアルトコインにも対応しており、その美しいデザインと使い勝手のも良さで人気があります。 トップ画面では、保有している全通貨の資産額、割合などがひと目で分かるデザインになっています。コインの価値を日本円はもちろん複数の法定通貨(米ドル、英ポンド、ユーロ等)で表示できるため、価値換算が容易にできます。さらに特徴として、保有している通貨同士を交換(両替)することもできます。例えば、BTCとETHの交換などです。

ソフトキャップとハードキャップ

ソフトキャップ、ハードキャップはそれぞれクラウドセールなどのICOに関連した用語であり、そのICOに投資をするか否かと、そのタイミングを判断する大きな材料のひとつとなっています。ICOの概要を表すホワイトペーパーに記載されています。 ソフトキャップ ソフトキャップ(Soft Cap)は「トークンを発行するために必要な最低額」のことを指します。頭文字をとって「SC」と記載されている事もあります。 例えばトークンセールを実施するICOのホワイトペーパーで「SoftCap」の欄に「5M USD」と書かれていた場合。1Mは「100万」USDは「米国ドル」を表しますのでソフトキャップが500万ドル「この金額(500万ドル)まで出資額が集まらない場合はこのICOは不成立となる」ということを表します。つまり、トークンの発行がなされません。 ソフトキャップに達せず、トークンの発行自体がキャンセルになってしまった場合は、購入した金額が返却されるわけですが、ICOに参加をする前に必ず契約条件や、返還条件を確認しなくてはなりません。 ハードキャップ ハードキャップ(Hard Cap)は「トークンを発行できる上限額」のことを指します。 例えばそのICOの概要で「HardCap」の欄に「50M USD」と書かれていた場合「5000万ドルまで出資額が集まった時点でこのICOの募集は終了となる」ということになります。頭文字をとって「HC」と記載されている事もあります。 また、ハードキャップに達しなかった場合は残りのトークンを「burn」する、と書かれている場合、売れなかったトークンは燃やす、つまり削除されます。 多くのICOはハードキャップの10%程度をソフトキャップとして設定していることが基本となります。ハードキャップ自体が数十億~数百億に設定されていることも珍しくはありませんが「30秒弱で38億円のハードキャップに到達」という事例もあるため、高額なハードキャップでも人気のあるトークンはすぐに売り切れてしまうので、油断はできません。 ICOに参加するか否かの判断材料のひとつ こう考えると一見、ソフトキャップギリギリのICOはよくないのではないか?と考えがちですが、仮にそのICOが上手くいった場合、出資者も少ない分一気に売却した際の極端な値下がりが発生し辛いことや、希少的に価値が高くなるといった利点も考えられます。 気になるICOを見つけたらまずはソフト・ハードキャップの設定をしっかりと確認するのが大切となります。人気が集中しそうなICOは早めの購入を。逆に興味はあれど周りの反応が薄いICOはソフトキャップに到達しそうかという点を様子見をするといったように、バロメーターとしての役割が期待できます。

トレゾー ビットコイン ウォレット

トレゾー ビットコイン ウォレット(Trezor) トレザー(Trezor) 仮想通貨ウォレット - トレザー(Trezor)は海外の代表的な仮想通貨ウォレットのひとつ。仮想通貨を安全にオフラインに隔離保管するハードウェアウォレットです。 https://trezor.io/ トレザーは、仮想通貨を安全に保管できるハードウェア型ウォレットです。ビットコインはもちろん、イーサリアムやライトコイン、さらには多くのICOで発行されるERC20準拠トークンも保管できます。 *購入前には必ずご自身が保管したい仮想通貨に対応しているかどうかご確認ください。 ハードウォレットは、PCやオンラインだけで仮想通貨を管理することに危機感を感じる方に最適なプロダクトです。オンラインに置きっぱなしでは何の保証もありませんし、自分で管理するPCやスマホのウォレットの場合でも、インターネットにつながっている限りは常にハッキングの危険に晒されています。そんなときはハードウォレットで隔離保管するに限ります。 TREZORは非常に小さなデバイスで、世界100カ国以上で標準的に使用されています。電源も必要なく、USBでPCに接続するだけでブラウザからウォレットを利用でき、デバイス内に安全に保存された秘密鍵がその外に一切出ることもありません。暗号通貨ギャンブルサイトについて読んでくれてありがとう。

日本におけるColuトークンICO

CLN ICO – Colu CLN「デジタル地域通貨で地域経済を活性化させるプラットフォームColuローカルネットワーク」CLNトークンICO・クラウドセール情報 <Colu ICO概要> イスラエル発のスタートアップColu Technologies LTD.が展開する仮想地域通貨ネットワークColuローカルネットワーク。すでにイスラエル2都市、英国2都市で導入済みのこのネットワークの拡大を目指し、ICOを実施します。 Coluは、Aleph、Spark Capital、DCG、Boxgroup、Tom Glocerなど著名VCからすでに1,210万ドルの支援を受けている2014年設立のスタートアップで、もともとは世界中のデベロッパーが容易にブロックチェーン技術を活用できるためのSDKとプラットフォームを提供しており、100か国以上で主にデジタル通貨の発行アプリとして活用されてきています。 Coluでは独自のデジタル・ウォレットの提供と地域通貨の発行への取り組みも開始し、すでに4都市へ導入。地域コミュニティーの経済を活性化すべく、数十万人に利用されています。 CBO(最高行動責任者)として、世界的に著名な行動経済学者でベストセラー作家のダン・アリエリー博士を迎え、仮想地域通貨の導入による地域経済活性化の理論構築・実践に取り組んでいます。 まずは欧州エリアを中心として展開となり、日本での事業展開は未定ですが、近い将来の参入も見込まれます。 Coluコーポレートサイト:https://www.colu.com/ <クラウドセール> シンボル:CLN ソフトキャップ:$30,000,000 ハードキャップ:$50,000,000 トークン供給量:1,500,000,000 CLN トークン価格:8,600 CLN/1 ETH 期間:2018年2月14日~2月18日(ハードキャップ到達時点で終了) プラットフォーム:Ethereum タイプ:ERC20 参加可能通貨:Ether(ETH) 取引所:未定 Webサイト:https://cln.colu.com/ ホワイトペーパー:https://cln.network/pdf/cln_whitepaper_jp.pdf 海外 ビットコイン取引所

Stay Connected

145FansLike
650FollowersFollow
0SubscribersSubscribe
- Advertisement -

Latest Articles