パチンコ遠隔では本当に遠隔操作をしているのか

パチスロでギャンブルを行う人の中には遠隔操作の噂を聞いたことがある人も多いのではないのでしょうか。特に、昔からパチンコをやっている人の中には当然のようにパチンコでは遠隔操作が行われていると思っている人も多いと思います。結論から言うと今はパチンコでの遠隔操作はほぼ100パーセントないと言うことになっています。

しかし、これはあくまでも表向きの発表になっています。ちなみに昔から遠隔操作は100パーセントないということになっていたのに遠隔操作でパチンコ店が摘発された事例もあります。ここでは遠隔操作について詳しく、そして初心者の方でもわかるようにパチンコまとめ解説していきます。

パチスロ風スロット

パチンコの遠隔操作とは?

パチンコの遠隔操作とはパチンコ店が自分の店の利益のためにパチンコをパソコンなどを 使って遠隔で操作することになります。遠隔操作を行うことであたりの操作を行うことも可能になっています。また、パチンコ店では自分の店があたりの多い店に見せるようにするためにあたりをあえて出させるように遠隔操作を行う場合もあります。遠隔操作は風営 法でしっかり規制のされている行為です。パチンコでは釘の調整などを店独自で行うこと に関しても禁止されています。

パチ屋の裏研修さんのYouTubeチャンネルより

パチンコの遠隔操作の目的は?

パチスロ店では遠隔操作が行われていると言う噂を聞くことがあります。しかし、パチンコ店が遠隔操作を行う目的とは一体なんなのでしょうか。ここではパチンコをしたことが ない人でもパチンコ店がなぜ遠隔操作を行うのかについて説明します。

大当たりの阻止

パチンコ店が遠隔操作を行う最大の理由はお客がパチンコで大当たりを出さないようにす ることです。パチンコ店にとってお客が大当たりを出してしまうことは死活問題です。お客が大当たりを出してしまうことでパチンコ店は赤字になってしまうことが多くなります 。このような状況が続くとパチンコ店の経営自体も難しくなっていまいます。遠隔操作を 行うパチンコ店は自店の利益を確保するために行うことが多いです。

あたりの演出

パチンコ店の中にはサクラを雇ってサクラの使っている台に対して遠隔操作を行うことが あります。この場合は遠隔操作であたりを出にくくするのではなく、あたりをあえて出す ために遠隔操作を行います。あたりの演出を遠隔操作することで他のお客に対して自分の 店の優良さをアピールすることが可能になります。

出玉を少なくする

出玉を少なくするために遠隔操作を行うことがあります。あたりでなくても出玉を出されてしまうと経営が苦しくなってしまうこともあります。遠隔操作では出玉をコントロール することも可能であると言われています。

遠隔操作は実際にあるのか

遠隔操作はあるのかと疑問に思っている人も多いと思います。ここでは遠隔操作の実際についてお話していきます。

結論からするとない

遠隔操作は結論からするとないとされています。正確に言うとないのではなくパチンコ店 はわざわざ犯罪を起こしてまで遠隔操作を行わないと言うことです。遠隔操作を行ってい ることがバレると法律で罰せられることになります。また、一度不正を行なった店は信頼 を失うことになり、利用者の数が大幅に減ることになります。パチンコ店ではバレた時の リスクを考えて遠隔操作を行うことはないです。

噂レベルの話?

そもそも遠隔操作を行っていると言うのは噂レベルの話になっています。噂レベルの話がパチンコをする人の間で広まって遠隔操作のイメージがつきました。しかし、2007年に実際にパチンコ店が遠隔操作を行なって摘発された事例がありました。この事例を考えると噂レベルの話とは言うことができないかもしれないです。

店員もないと言っている

パチンコ店で働いている人も遠隔操作はないと言っています。また、仮に遠隔操作を行っている店があってもアルバイトレベルの人には絶対にそんな話をすることはありません。遠隔操作がされているとすれば、それなりに知識と技術を持った人でないと不可能です。特に現在主流となっているパチスロ、人気のエヴァンゲリオンスロット等の歴代機種を見てもどんどんハイテク化が進んでおり、素人が独断で出玉の操作をする事は難しいと言えます。

遠隔操作を行うことでのパチンコ店のリスク

遠隔操作を行うことはパチンコ店もそれなりのリスクを背負うことになります。ここでは パチンコ店が遠隔操作を行うことで負うことになるリスクについて紹介していきます。

信頼を失う

パチスロ店が遠隔操作を行っていることがバレてしまうとその店舗は利用者からの信頼を失うことになります。下手すると当該店舗のグループ店舗も信頼を失ってしまうことになります。

逮捕される

遠隔操作の首謀者は遠隔操作がバレると確実に逮捕されます。逮捕だけではなく遠隔操作 ではいきなり実刑になることもあります。このようなリスクを背負うことになります。

遠隔操作は犯罪?

遠隔操作は犯罪なのかについても気になると思います。ここではパチンコでの遠隔操作の 犯罪性について初心者の方でもわかるように紹介していきます。

風営法に違反

パチンコ店は風営法に則って運営を行なっています。そして、パチンコ店がパチンコ台に 対して不正を行うことは風営法で固く禁じられています。また、パチンコ店が遠隔操作を 行うと風営法の9条で罰せられることになります。遠隔操作に関しても立派な法律違反になります。

損害賠償を請求される

パチンコ店が遠隔操作を行い、そのことが世間にバレてしまうとニュースなどで大きく報 道されることになります。また、ニュースなどでパチンコ店の不正を知った人は不正を行ったパチンコ店に対して損害賠償を行うことが可能になります。

遠隔操作の噂が広まった原因

パチンコ店がパチンコの遠隔操作を行っていると言う噂が広まった原因には様々なものが あります。ここではパチンコ店が遠隔操作を行っていると言う噂が広がった原因について紹介していきます。

昔は不正があった

パチンコ店での不正は昭和時代などは結構ありました。また、この不正がテレビなどのメディアで報道されることでパチンコ店に対して負のイメージがついた原因であると考えることができます。

店員の証言

店員の中には他の人に対してパチンコ店では不正を行っていると言う場合があります。この証言の真偽に関しては不明ですがこのような発言によって遠隔操作の噂が広まったと考えられます。

実際に捕まったこと事例がある

一番大きいのが先ほども述べた遠隔操作により実際に逮捕された事例があることです。遠 隔操作の不正に関してはそれまで噂レベルであったにも関わらず、実際に逮捕者がでるこ とで噂が確証に変わりました。このように実際に捕まってしまったことで大きく遠隔操作 について広まってしまいました。

パチンコまとめ

遠隔操作に関する噂は昔からあります。また、遠隔操作で実際に捕まった事例もあります。しかし、現在では遠隔操作に関してはほぼ行われていないと言っても大丈夫でしょう。今はメディアの発達により遠隔操作を行うとバレてしまう確率も高いです。また、遠隔操作を行った事実はSNSなどのメディアを通じて一気に拡散してしまいます。昔のように店名だけ変えて再度営業をおなうということはできないです。このようにパチンコ店が負うことになるリスクがあまりにも大きすぎることから今では遠隔操作などの不正は行われていません。

関連記事

144ファンいいね
602フォロワーフォロー

人気の記事