ホーム ICO ガイド

ICO ガイド

ICO後のプロジェクト開発

ICO完了後のプロジェクトがしばしば欠いている2つの特徴は、忍耐と綿密な開発プロセスです。資金調達は最初の段階にすぎません。ICO完了後のプロジェクトは、コミュニティーの期待を管理し、製品やサービスを綿密に開発するという二重の責務を負います。これを実行できたICOは少ないので、それらが約束を維持する上でどのように成功しているか、そして同時にそれらがどのように一部のトークン所有者の貪欲さをコントロールしているのかを調べることには価値があります。 簡単に儲かるICOはもうない トークン所有者の欲求はおそらく、管理するのが最も難しいものです。有望なプロジェクトは期待を生むものであり、ブロックチェーンと暗号通貨の世界では素早く簡単に儲かるという迷信が広まっています。このため、プロジェクトそのものに関心がない投機家が群れてきます。彼らは投機に賭けているのです。トークンが最大の取引所に上場するときにはより関心を持ち、これらの投資家は誘惑と同様に圧力を生じさせます。こうした市場の圧力と誘惑を管理できないICOは、簡単に資金を調達し、開発を後回しにする誘惑に負けてしまい、しばしば業界の評判を落とします。 明確なコミュニケーションで期待を管理するICO ICOが管理しなければならない投機ゲームの最初の動きは、プロジェクトを誇張してトークン価格を押し上げようとする誤った情報です。最近、IOTAはこの種の誇大宣伝への対応に取り組んできました。このプロジェクトは、マイクロソフトや他の大手テック企業とのパートナーシップを持つと考えられていました。このタイプの誤報は、IOTAの価格を5ドルを上回る高値に押し上げました。それにもかかわらず、プロジェクトの開発者は、Microsoftがパートナーではなくむしろプロジェクトの参加者であることを明らかにしました。その後すぐにIOTAの価格は下がりましたが、開発チームは開発に焦点を戻すことができ、長期的には価格が上昇し、投機家を遠ざけることになるでしょう。 枠組み化により先手を打つ 他のプロジェクトでは、コミュニケーションの枠組みを明確にする努力とメッセージを常に制御する努力によって、このような誤ったコミュニケーションを効果的に回避しています。EOS、Ada Cardano、Revainは、メッセージを管理して誤情報を防止したプロジェクトの良い例です。この3つの例すべてにおけるそのメッセージの枠組みは非常に似ています。これらのプロジェクトの開発者は、トークン投資家とコミュニティに対して、彼らが開発に集中していることを積極的に伝えています。彼らのメッセージには、3つの主要な共通要素があります。 開発マイルストーンへの集中 彼らの仕事は開発がすべてであり、トークン価格ではないことをコミュニティーに伝える一貫した努力 人々や組織にβ版を試してフィードバックを送ってもらうこと ポジティブなフィードバックの輪 ICOの評判を貶めてきた短期利益を求める投機筋は、この種の情報を手に入れれば即座にいなくなるでしょう。投機家が一度排除されると、プロジェクト開発者は、トークン価格の急上昇による純資産の急増がないため、プロジェクトに取り組むためのさらなるインセンティブを持つことになります。この戦略のもう一つの利点は、開発チームが市場を気にする必要が完全になくなるということです。なぜなら市場は初期の枠組みによって動くからです。市場の参加者が元のメッセージを忘れ、トークン価格の急騰があった場合、プロジェクトはメッセージとその3つの主要な要素を参照することによって迅速に対応することができます。これらは、市場の参加者や投機家に「私は初めにそう言いました」という言葉のアンカーとしての役割を果たします。 マイルストーンメッセ―ジの配置 これらの3つの主要な要素の配置にはさまざまな方法があります。マイルストーンメッセージは、以下の2つの要素の基礎となり、投機家のための最初の警告となります。プロジェクトは、ソーシャルメディアと独自のWebサイトを通じてこの要素を配置します。そこではローンチやテストがあるたびにこれらのマイルストーンを繰り返します。起こるたびにこれらのマイルストーンについて世界に伝えることは、プロジェクトを推進し、コミュニティ内の期待を管理することにもなります。 ここにいくつかの顕著な例があります: EOS SteemitによるDawn2.0に関する投稿 v2.0プラットフォームとβテストに関するPRリリース Ada Cardanoの公式サイトのロードマップ すべては開発に尽きるということを市場に伝える 次の枠組み構成要素はマイルストーンを基にしており、誰よりも投機家に向けられています。プロジェクトがマイルストーンを達成し始めると、投機家は引き込まれ、ロードマップに従っているプロジェクトの成果や予定マイルストーンを誇張しようとするかもしれません。ICOは、市場に対して、価格については気にせず、開発についてのみ気にしていることを伝えなければなりません。ICOは、記事、ソーシャルメディア、自身のウェブサイトを通じてこれを行います。ICOがこの枠組み構成要素をどのように配備するかの適切な例は次のとおりです。 IOTAのサブレディット(sub-Reddit)には、コミュニティに価格を気にするのではなく、開発に焦点を当て始めるべきだとするスレッドがありました。 コインテレグラフのRevainに関する記事では、プロジェクト開発者が革新的なレビュープラットフォームを導入するために、彼らのプロジェクトがIBMのWatsonとどのように相互作用するかを説明しています。 Ada Cardanoは公式サイトの最初のメッセージで、開発者が研究主導のアプローチに集中していることを読者に語っています。 ベータ版テストとフィードバックによる成否の明確化 この3つの枠組みの最後の構成要素は、コミュニティメンバーと市場参加者にテストとフィードバックへ集中するよう促すことです。これにより、プロジェクトの成否が明確化され、より広範な利用へと最終的につなげていきます。この時点で、ICOは公に明確な目標があることを伝達します。それは、彼らはトークン価格よりもプロジェクトの価値に重点を置いているので、プロジェクトを誰かが試して批評し、改善する方法を示唆してほしいということです。この最も明白な例は、Revainが最近製品やサービスのベータ版を試すために人々や組織を参加させた事例です。Revainは、彼らのプラットフォームがトライアル利用できるようになったことを、顧客と市場に積極的に伝えています。 ポジティブな市場とのインタラクション このコミュニケーションと枠組み戦略が決定的な結果をもたらすことができると宣言するのはまだ早いですが、市場がそれに積極的に反応したことを見ることは可能です。これらのトークンの価格は最近上昇していますが、過度の投機や巨大な期待を示すようなものではありません。これにより、プロジェクトを担当する開発者は、投機家の影響を排除しながら開発に集中することができ、成功への道を明確にすることができます。 オンラインビットコインギャンブルについて学ぶための素晴らしい情報源。

ICO投資6つのルール

+ 最後に結論を述べます。 ルール1 – 価値を重視し、誇大宣伝プロジェクトを避け、適正規模のICOを選択すること ICOのレンジとは、200万ドルから1,000万ドルであることが統計学的に証明されます。ICOとはその性格上、スタートアップであることを忘れないでください。 グーグルはガレージで生まれ、のちに100万ドルの支援を受けました。一般的にプロジェクトとチームが優秀な場合、200万ドルから1,000万ドルの範囲内での資金調達でプロジェクトを確立し、PoC(概念実証)レベルまで到達するのに十分です。同じ意味で、プロジェクトが貧相でチームがマヌケな場合、2億3,200万ドルを与えたところで何の解決にもなりません。 ICOとは、企業がプロジェクトを実行するのに必要な初期資金調達であるということを忘れてはいけません。この資金調達により、彼らは事業規模に応じた収益を拡大させていくべきです。 誇大宣伝/サイズオーバーのプロジェクトを除外することで、「風説の流布」リスク要因や多くの「雑音」を避けることができます。小規模なプロジェクトは巨大投資家に売れないということではなく、その可能性ははるかに少ないというだけです。また規制の問題も縮小させることができます。大きなプロジェクトは注目を集め広範囲に投資家を募るために、より多くの法的リスクが生じるからです。 さらに、チーム創業者はトークン価値を必死になって上げようとしないでしょう。プロジェクト開始前に2億3,200万ドルも調達してしまうと、すでに財を成してしまい、モチベーションに明らかな影響を与えてしまうからです。 ルール2 – チームを分析し、成功実績があるかどうかを確認すること チーム創業者が他に成功した事業実績を持たない場合、触らぬ神に祟りなし!まず創業者がビジネス指向であることを確認してください。彼らはあなたのお金を預かる資格を得るために、既に他のプロジェクトで実力を証明されているはずです。そうでない場合、それはゼロからビジネスを開発する方法について全く知らない人にお金を投げ与えるのと同じようなものでしょう。投資しても、彼らはビジネスのやり方を学ぶことはできません。また、彼らが成功したことがある場合、それは彼らが評判と命を失ってまで違法なことを犯す可能性が低いということを意味します。 成功実績があり、経験豊富でビジネス指向の創業者チームを選択することで、あなたの成功確率も大きく上がります。これは最も重要な価値基準なのですが、ルール1に関連する規制上のリスクは、創業者の経験に関係なく良いプロジェクトを簡単に破壊してしまうので、このルールは2番目とします。 ルール3 – ロードマップに大きな「空白期間」があるプロジェクトを避けること ICOのコンセプトは、便利で広く利用される暗号通貨を発行することです。これは革新的でディストラプティブ(破壊的)で、ユーザーに迅速に高い価値を提供するサービスを通してのみ可能です。α版リリースまでに1年も待つことは受け入れられません。 理想的には、ICO期間中にサービスがどんなものであるかを体験でき、ICO終了後すぐにトークンを使用できることです。 ルール4 – 合理的なハードキャップ(発行上限)があり、売れ残りトークンは破棄され、将来にも新たな発行がないことを確認すること 現在のようにICOが溢れかえる状況では、ハードキャップに達しないプロジェクトがますます増えています。しかし、募集額が200万ドルを超える限りにおいて、これは一般的に否定的なシグナルではありません。既に言及したように、200万ドルを調達した優秀なチームは長期的には、2億3200万ドル調達のマヌケなチームよりも優れた結果を出すからです。 このため、トークン所有者がトークンセール完了時に直ちに売れ残りトークンをすべて破棄することが非常に重要です。これにより、供給されたトークンの量が市場の需要に対応し、経済が均衡することを保証することになります。 また、同じトークンが将来新たに提供されないことを確認してください。これにより、過剰供給に対する保護が得られ、1年以内に500〜1,000%もの高騰が生じる可能性が生まれます。 ルール5 – プロジェクトが本当にブロックチェーンを利用する必要があるかどうかと、性格的にディスラプティブかどうかを確認すること ブロックチェーン技術を実際に利用する必要がなくても、パイの一部を手に入れたいという理由だけで、ICOを行う数多くのプロジェクトが見受けられます。ホワイトペーパーを慎重に読み、ブロックチェーンがそのプロジェクトの絶対的に変えられない側面を持ち、独自の価値と競争上の優位性を付加するものであることを確認する必要があります。 さもなければ、彼らはICOを行うためだけのICOを行なっていることになり、それは注意すべきであることを意味します。 また、プロジェクトが破壊的な性格を持っていることを確認してください。既存の市場に浸透することはニッチであろうとなかろうと非常に難しいです。プロジェクトはマーケティングに頼るべきではなく、ユーザーの間で口コミ効果で広まるコアとなる価値と破壊性に頼るべきです。 ルール6 – 創業者がコミュニティに関わっていること、そしてトークンの価値を高める必要があることを確認すること プロジェクトが合理的な規模であることのもう1つの大きなプラス要因は、創業者とより接しやすいことです。私が投資した最高のプロジェクトは、コミュニティチャネルを通じてプロジェクトのCEOや創業者とコミュニケーションを取ることが可能だったプロジェクトです。コミュニティマネージャーがすべてを管理しているプロジェクトや、創業者またはCEOと話をするために何人もの人を経由する必要があるプロジェクトは避けましょう。彼らはただの従業員であり、あなたやあなたのお金について気にしません。投資は個人的なものでなければなりません。 また、創業者が富をICO中に調達したEtherからではなく、自分のトークンから得ることに縛られていることを確認してください。これにより、自分の利益が彼らの利益と一致することが確実になるので重要なことです。あなたがトークンに投資した資金を管理し、その相互の目標を達成するために彼らはもっと努力することになるからです。 もう一つの利点は、創業者が実際のビジネスの収益性を優先するのではなく、高い市場シェアを達成し、トークンの循環需要を高めるためにビジネスを遂行することで(たとえそれが利益も損失も出さない均衡点だとしても)、そのトークンは可能な限り価値を高めることができることです。 結論:では理想的なプロジェクトとは? 理想的なプロジェクトは下記の条件に当てはまります。 規模が200~1,000万ドル(個人的にはもっと小規模を好みます)の範囲内で、1人当たりの平均投資額が4 Etherを上回らないこと。 ビジネスに注力する創業者がおり、すでに成功経験があること。例えば、受賞歴や確立された事業を保有しているなど。 ICO直後から独自サービスにトークンを直接応用できること。 本当にブロックチェーンベースのプロジェクトであり、破壊的な性格を持っていること。 テレグラムや他のソーシャルチャネルを介して好きな時に創業者と話すことができ、彼らが事業運営からではなく、トークンの価値を上げることで収益を上げることを確かめられること。 icoの資金調達は、ライブカジノゲームプラットフォームで非常に人気になりました。

ICO規模の重要性

最も広まっている誤解の1つは、プロジェクトが管理する金額が大きければ大きいほど、プロジェクトが素晴らしいもので、上場後の取引において利益を上げる確率が高くなるというものです。これは、人々が感情によって動く生き物であるからで、その感情の中で特に危険なものは、機会を逃してしまうのではという恐れです。この特定の感情は、大きなコミュニティのあるプロジェクトに多額のお金が流れ、何千人もの人々が参加しているのを見たときに沸き起こりがちです。これは、特に大きなプロジェクトに当てはまりますが、後悔する可能性がある衝動的で非合理的な決定を下す結果に終わる可能性があります。 ICO規模の重要性はいくつかのオンラインギャンブル会社にとってお金を集めるための良い方法でした。 あなたはそれを注意深く監視するべきです。 話を続ける前に、「大型ICO」のいくつかを、私が個人的に参加した小型プロジェクトと比較して、トークンイベントに続くアフターマーケットでどのような動きを見せているかを分析してみましょう。 あなたは適切な選択を3回行うことで、20,000ドルを796,000ドルにすることができ、ICOと株式を混同せずに済みます。暗号通貨市場全体が現時点では非常に低い水準から浮上しているため、非常に高いポテンシャルを持ちます。100年以上も存在している株式と違い、暗号通貨は十分な流動性を持ち始めてまだ3年です。そのため暗号通貨で間違いを犯すことはなく、全体的な市場拡大によって、より大きな利益を得やすいのです。 比較してみると、あなたが誇大宣伝に乗ることを選択し、他の大多数の人のように3つの最も人気のあるICOに投資した場合、796,000ドルではなく3,744ドルを得るだけで終わることになります。 宣伝重視の大型ICO 1,500 - 25,000万ドル NO! 価値重視の小型ICO 200 – 1,000万ドル YES! Bancor(BNT) - 1,530万ドル調達 2017年6月開始価格 $4.49 2017年11月13日現在価格 $1.92 6ヵ月で60%下落 VPlay(XPA) – 690万ドル調達 2017年6月開始価格 $0.013 2017年11月13日現在価格 $0.022 1.5ヵ月で70%上昇 Tezos(ETZ) – 2,320万ドル調達 2017年11月開始価格 $1.91 2017年11月13日現在価格 $1.49 1ヵ月で22%下落 Adex(ADX) – 1,000万ドル調達 2017年6月開始価格 $0.2 2017年11月13日現在価格...

ICO詐欺の見極め方

投資家が身を守るのためのヒント 急上昇するビットコイン価格に沸く現在の暗号通貨環境では、資産家の人々は、この領域のスタートアップが彼らに利益を約束してくれるものと期待します。ICOは、新しい暗号通貨ベンチャーを立ち上げようとする人々と、それらのプロジェクトの潜在的スポンサーとの間を橋渡しするものです。 簡単に言えば、ICOの要点は以下の通りです。仮想トークンとも呼ばれる潜在的な暗号通貨の一定割合は、初期の投資家に法定通貨やその他の既存のデジタルキャッシュと引き換えに売却されます。プロジェクトが成功した場合、購入したコインの価値は時間の経過とともに高まり、投資家は大きな利益を得ます。スタートアップが十分な資金を調達できなかった場合、投資家は資金を回収するかもしれません。 悪名高き詐欺ICO お金が大きく動く新たな場所は、むかしから詐欺師を引き寄せます。ICOも例外ではありません。詐欺アーティストたちは、不正なプロジェクトのICOキャンペーンを発表し、資金を調達し、消え去りました。そのため、初期の投資家は、この種の投資を検討する際には注意する必要があります。以下に説明されている最も挑発的な事件のいくつかは、典型的なICO詐欺を理解するのに役立ちます。 Opair 2016年にあったOpairによる詐欺ICO。その背後のろくでなしどもは、偽のスタートアップのために100万ドルを調達し、ICO参加のリターンとして分散型のデビットカードを約束しました。残念ながら、Opairの参加者が当初からかなり疑念を抱いていたという事実をもってしても、関係者を思いとどまらせるものではありませんでした。 具体的には、このろくでなし達は、偽の詳細な個人情報と写真でLinkedInプロファイルを設定していました。さらに、スタートアップの代表は、プライバシーに関する懸念から、暗号通貨関連のイベントに参加するすべての申し出を拒否したり、潜在的な支援者とビデオ通話をしたりすることさえ拒否しました。 結局、Opairコインが取引所に上場された直後に、詐欺師はそれらを投げ売り、彼らのウェブサイトは消えました。投資家は明らかに全てを失ってしまいました。 BitCad このICOは、不当なOpair詐欺よりももう少し議論の余地がありました。最初から詐欺であったのか、それとも所有者が対処できなかった何かを創出しようとして失敗したのかどうかはまだ不明です。いずれにせよ、人々は大金を失いました。 BitCadは、ビジネス活動、取引、さらには政府機能の多くの分野の代替品となることが意図されていました。特に、バイオメトリック認証、分散型商取引エンジン、スマートコントラクト・コンストラクタに対応することになっていました。一方、これらの洗練された機能を実装するメカニズムは、大部分が謎でした。それにもかかわらず、ICOでは500万ドルを調達しました。 大規模なBitCad参加者の一部が立ち上げ直後にプロジェクトを放棄したとき、状況がきな臭くなり始めました。ほぼ同時期に、チームは新しいアナウンスの投稿をやめました。何かがひどく間違っているという明白な兆候にもかかわらず、初期の支援者のうちの何人かは、近い将来、BitCad構築者からの良いニュースをいまだに期待しています。 Authorship AuthorshipはERC20(Ethereum token standard)プロジェクトとして販売されました。その目標は、著者、出版社、記者、翻訳者がATSトークンを介して知的業務に報酬を与えるための分散化された手段となることでした。このICOでは約100万ドルを調達しました。 Authorshipの話と現実の間の矛盾は、投資家に早期の気づきを与えたはずですが、そうはなりませんでした。主導者たちは、書店を運営している経験から動機づけられたと主張しました。しかし、店舗のウェブサイトにアクセスすると、鉛筆、メモ帳、ビニールのステッカーだけを提供しているため、その幼稚性が最初から発覚します。またもってのほかですが、Authorship主導者は架空の本部住所を掲載していました。 結局、多くの支援者はATSトークンを手に入れませんでした。何名かは入手しましたが、その価格は約束よりずっと低くなっていました。したがって、「幸運な」投資家であっても、Authorshipによって資金の最大80%を失ってしまいました。 安全にICO投資する方法 ほかの投資行為と同様、ICOにはリスクがあります。そのため、合理的な範囲内でこれらの暗号通貨スタートアップを分析し、ICO参加を検討する前に長所と短所を比較する必要があります。ICOの妥当性を検証するための普遍的な基準はありませんが、いくつかのことを精査することは理にかなっています。 ホワイトペーパーの熟読 ICOのホワイトペーパーでは、プロジェクトチーム、目標、開発ロードマップ、トークンの実装、暗号通貨取引所へのトークン上場の予定時期、および投資家が関心を示しそうな同分野の技術についての洞察を提供しています。 そのため、時間をかけて(細かい部分も含めて)それを読んで、スタートアップの要点を他人に詳しく説明できるくらいまで確認してください。しかし、不正なICOにもホワイトペーパーある可能性に注意が必要です。したがって、ホワイトペーパーが用意されているだけでは、そのICOの正当性に関して最終的には結論付け出来ません。 ウェブサイトとソーシャルアカウントの精査 これは簡単なことですが、多くの注意すべき示唆を得ることができます。 ICOのウェブサイトは素晴らしく作りこまれたものである必要はありませんが、有効なSSL証明書(URLはHTTPSで始まります)を使用しているべきでしょう。 さらに、信頼できるスタートアップには、ICOについての情報を広め、オンラインコミュニティと交流するソーシャルメディアマネージャーが必要です。その人と連絡を取り、いくつかの質問をし、彼らがどのように反応してプロフェッショナルであるかを確認してください。 支持者を探す ブロックチェーン分野で評判の高い人がICOをサポートしている場合、確実にプロジェクトにプラスになります。しかし、著名な専門家を擁することができないスタートアップがすべて詐欺だということではありません。 コード監査の検証 プロジェクトのコードがバグ、マルウェア、セキュリティの抜け穴などの脆弱性について完全に監査されているかどうかを確認します。 コード監査が有名なセキュリティ研究者によって行われたことを確認してください。このような洞察は、ICO主導者がスタートアップにどの程度真剣かについての重要な手がかりとなります。 投資に関する決断をする前に、長い話を短くし、慎重に動き、自分自身で調査を行い、あなたの直感に従ってください。あなたのチェックリストのすべての質問に満足いく答えがない限り、ICOの仮想トークンを購入することを控えてください。再度になりますが、新たな暗号通貨ベンチャーに加わることになると、より一層の疑り深さが必要になるでしょう。 2018年に仮想通貨でギャンブルは非常に人気になりました。 今後数年間で成長すると予想しています。

クラウドセール

クラウドセールとは? クラウドセール(Crowdsale)とは、ICO(Initial Coin Offering)における別称の一種であり、インターネット上で資金調達を考えている個人や企業が独自にコインやトークンを販売し、出資者から資金を得る新たなインターネット上の投資ビジネスの一種を指します。トークンセールなどとも呼ばれます。 「クラウド」「資金調達」と聞くと「クラウドファンディング」を思い浮かべる方も多いかと思います。クラウドセールも売り手と買い手の関係性としては似ていますが、大きな違いがクラウドファンディングはあくまで「寄付」ですが、クラウドセールは「投資」が目的となります。 ICOの段階におけるクラウドセール ICOのメインとなるのがクラウドセールなのですが、ICOには主に「プレセール」「クラウドセール」「取引所上場」と、大きく3つの流れに大分することが出来ます。 プレセール プレセールは、クラウドセールより前に行われる販売期間のことであり、だいたいのプレセールにおいて割引が設定されており、クラウドセールで購入するよりもより安価に購入できるというメリットがあります。また、プレセール期間をいくつかに分け、時期によって割引率を変える販売元も存在します。 クラウドセール 次に行われるのがクラウドセール。おおよそ1か月間販売され、その間に設定した金額に到達するか、期間が終了するまで行われます。プレセールに比べれば割高になってしまう分、情報量も多く出回るようになるのがメリットと言えます。 https://www.youtube.com/watch?v=hil9buWPCng どちらも一長一短ではありますが、早い段階でそのICOに投資することを決めていればプレセールへ参加するという形を取るのが最も安く投資することが出来るということになります。2018年にはブロックチェーン技術を活用した製品・サービスを開発するスタートアップの多くがICOで資金を調達しました。 最終的に収益を得る、仮想通貨取引所への上場 そしてICOにおける最終的な目標が、仮想通貨取引所への上場となります。クラウドセール後、順調にプロジェクトが進んでいくと、購入したトークンやコインも大きな価値を持ちます。そしてその価値が取引所に認められてようやく現金に引き換えることが可能となります。ちなみに、過去の事例では数億倍の価値にまで膨れ上がったICOも存在します。 クラウドセールへの参加方法 肝心の参加方法ですが、基本的にクラウドセールの多くは仮想通貨で募集を行うため「仮想通貨を所持していること」が最低限の参加条件となります。 その後、ICO案件サイトなどで募集を行っている案件を探すことになります。この時非常に大事なのが「ホワイトペーパー」です。事業内容をはじめ「実際に集めた資金をどのように配分し、利用するか」といった部分も書かれており、クラウドセールへ参加を判断するにあたって非常に重要な役割を果たしています。 クラウドセールにする際の注意点 2018年頃ブームになったICO投資ですが、中には詐欺まがいとも言えそうな、ホワイトペーパーに提示されていたプロジェクト自体が実存していなかったというICOまで出現しました。 その後、ICOや仮想通貨に対する規制が世界各地で整えられ、ブームが過ぎ去った今そのような案件は少ないと思われますが、リスクがあるという事を考慮し、投資する案件は慎重に選ぶようにしましょう。

スマートコントラクト

スマートコントラクトとは? スマートコントラクト(Smart Contract)とは、人間同士ではなく、予め設定された条件に基づいて機械判断をし、契約をする「自動契約」を指す言葉となります。「契約」を「自動的に行う」という響きから、言葉だけを見ると不安のある言葉かもしれません。しかしながら現在、仮想通貨、ブロックチェーン技術において非常に注目を浴びている言葉でもあります。 このスマートコントラクトという言葉の古くは1994年に法学者であるNick Szaboが提唱したのが始まりとなっています。 Nick Szaboはこのスマートコントラクトを表す代表例として「自動販売機」を挙げています。利用者がお金を投入・商品を選ぶという契約を交わした後に選んだ商品を排出するという、自動販売機の一連の流れを「自動契約」としました。 自動販売機で、例えば飲み物を買う際。そこに販売元の人物がいて、お互いに契約書に目を通したり、合意の上でサインをしたりするようなことは、まずありえません。このように契約が自動化、簡略化されていることが「スマートコントラクト」であると定義しました。 スマートコントラクトの利点 では、このスマートコントラクトの概念を取り入れると、どういったメリットが発生するのか。 現代の契約形態の多くは「信用のおける第三者」が介入すること非常に多くなります。例えば不動産契約を考えてみましょう。土地の売り手と土地の買い手の当事者間でやり取りをすることもありますが、基本的には間に「仲介会社」を介して契約することになります。 仲介業者には、買い手と売り手のマッチングをスムーズにするという部分に加えて「信頼のおける第三者」が介入することによって、土地の取引契約により安全性を確立するという役割も持っています。 こういった一連の流れに、スマートコントラクトを導入すると、予め土地の売り手が設定した契約条件と、買い手側が設定した購入条件を、自動的に判断して契約することとなります。 取引相手が設定した契約条件を機械が自動で判断する為、これまで人対人で行ってきた契約上のいざこざや問題が大きく減少することや、第三者の介入がなくなることによって「コストダウン」と「契約の迅速化」も期待されています。 ブロックチェーン技術におけるスマートコントラクト ブロックチェーンは、ビットコインなどの仮想通貨の基盤である、データの実行履歴をすべて「分散した」コンピュータに記録・公開する技術です。ブロックチェーンにおけるスマートコントラクトでは、契約をひとつの場所で管理するのではなく、契約が行われるとその内容が世界中に散らばったコンピュータに自動的に瞬時に記録されます。そのため、契約内容の改ざん等の不正をする事が事実上不可能となります。これにより、契約する相手が信用性があるかどうかを心配する事なく、オンラインでの素早く安全な取引が可能となります。 ブロックチェーンにおけるスマートコントラクトでは、仮想通貨ブロックチェーンサービスが基盤となります。その代表がイーサリアムです。ビットコインはブロックに取引の情報しか記録できないため、通貨としてしか用いられませんが、イーサリアムでは契約情報も記録できるため、イーサリアムをベースとしたスマートコントラクトを活用したアプリケーション等が多く開発されています。

ソフトキャップとハードキャップ

ソフトキャップ、ハードキャップはそれぞれクラウドセールなどのICOに関連した用語であり、そのICOに投資をするか否かと、そのタイミングを判断する大きな材料のひとつとなっています。ICOの概要を表すホワイトペーパーに記載されています。 ソフトキャップ ソフトキャップ(Soft Cap)は「トークンを発行するために必要な最低額」のことを指します。頭文字をとって「SC」と記載されている事もあります。 例えばトークンセールを実施するICOのホワイトペーパーで「SoftCap」の欄に「5M USD」と書かれていた場合。1Mは「100万」USDは「米国ドル」を表しますのでソフトキャップが500万ドル「この金額(500万ドル)まで出資額が集まらない場合はこのICOは不成立となる」ということを表します。つまり、トークンの発行がなされません。 ソフトキャップに達せず、トークンの発行自体がキャンセルになってしまった場合は、購入した金額が返却されるわけですが、ICOに参加をする前に必ず契約条件や、返還条件を確認しなくてはなりません。 ハードキャップ ハードキャップ(Hard Cap)は「トークンを発行できる上限額」のことを指します。 例えばそのICOの概要で「HardCap」の欄に「50M USD」と書かれていた場合「5000万ドルまで出資額が集まった時点でこのICOの募集は終了となる」ということになります。ハードキャップの頭文字をとって「HC」と記載されている事もあります。 また、ハードキャップに達しなかった場合は残りのトークンを「burn」する、と書かれている場合、売れなかったトークンは燃やす、つまり削除されます。 多くのICOはハードキャップの10%程度をソフトキャップとして設定していることが基本となります。ハードキャップ自体が数十億~数百億に設定されていることも珍しくはありませんが「30秒弱で38億円のハードキャップに到達」という事例もあるため、高額なハードキャップでも人気のあるトークンはすぐに売り切れてしまうので、油断はできません。 ICOに参加するか否かの判断材料のひとつ こう考えると一見、ソフトキャップギリギリのICOはよくないのではないか?と考えがちですが、仮にそのICOが上手くいった場合、出資者も少ない分一気に売却した際の極端な値下がりが発生し辛いことや、希少的に価値が高くなるといった利点も考えられます。 気になるICOを見つけたらまずはソフト・ハードキャップの設定をしっかりと確認するのが大切となります。人気が集中しそうなICOは早めの購入を。逆に興味はあれど周りの反応が薄いICOはソフトキャップに到達しそうかという点を様子見をするといったように、バロメーターとしての役割が期待できます。 どんな投資にも言える事ですが、ICO投資にリスクは付き物。ビットコインはギャンブルだという人もいますが、ICOに関しては当たれば大きな利益が出るものの、そのような案件をまだプロダクトがない状態から見極めるのは簡単ではありませんし、成功するかは運によるところも大きいでしょう。

トークンセールとは

端的に概要を説明すると企業や個人がトークンセールを立ち上げ、投資家たちがトークンを購入。立ち上げた側がその売上を得る。こういった流れになっています...

フィアット通貨

フィアットとは? 「フィアット」とは、フィアット・カレンシー(Fiat Currency)、フィアット通貨の略称であり、日本語では「法定通貨」と呼ばれています。法定通貨とは、米国ドルや日本円、ユーロなど「中央銀行や国が発行した通貨」のことを指し、「不換紙幣」や「信用紙幣」とも呼ばれています。「現実で使用されている貨幣のこと」という表し方が最もわかりやすいかもしれません。 また、フィアット・カレンシーと逆の位置にあるビットコインなどの仮想通貨、暗号通貨と呼ばれるものは、クリプト・カレンシー(Crypto Currency)と表記されます。 仮想通貨をやり取りする世界において、例えば「仮想通貨をフィアットに戻す」などといった使い方をすることがあります。この場合の意味は「所持している仮想通貨を、(日本円などの)法定通貨に戻す」ということを表します。 「所持しているクリプトをフィアットに換算すると~」などという言葉も、意味を知れば「所持している仮想通貨を、法定通貨で換算すると」という意味になります。 また、単価の高いクリプト・カレンシーの場合、所持額が小数点になる場合や、小数点以下が膨大な数字になる通貨も少なくありません。例えば、最も有名な仮想通貨である「ビットコイン」の場合、日本円でいうところの100円を表記するのに「小数点第15位」まで表記されることになります。その為、実際に自分がどれだけ所持しているのかを確認するためにはこまめにフィアットを確認することも大切なこととなります。 発行者が存在しない「クリプト」に対して、国という大きく、世界的に信頼がおける機関が発行している「フィアット」ではありますが、近年ではフィアットの債権化や、不安定な情勢の国におけるインフレ発生などから、一部のフィアットの信用性が著しく低下するなど、問題が発生しています。 そんな状況を鑑みて発行されたのがビットコインであることから、2017年11月にはドイツ国内最大手銀行であるドイツ銀行のトップストラテジストが「10年内にフィアットの時代が終わる」と発言したことなど、波紋を呼んでいます。 基本的に仮想通貨をやり取りする世界では「法定通貨」と言わずに「フィアット」と呼ばれる事がよくあります。特に外来のモノをを指す言葉ではなくても、仮想通貨やICOという新しくグローバルな世界においてはカタカナ用語が頻繁に利用されるため、難解な印象を与える事が多いようです。ホワイトペーパー等を読み解くためにも、基本のカタカナ用語はしっかり覚えておきたいものです。

次に来るICO

約半年前、米国証券取引委員会(SEC)が、DAOトークンは有価証券であると結論付ける調査報告書をリリースしました。 それ以来、この分類を世界的に補強する多くの重要な事例が発生しました – UIP、LLTトークン、CCC、そしてHMSは中国においてICO参加者への払い戻しを余儀なくされ、Protostarrは店舗を閉鎖し、REcomとDRCワールドは詐欺罪で起訴される、といったことなどです。 ICOの将来は厳しく見えるかもしれません。法執行機関は、様々なプロジェクトのトークン発行による資金調達を難しくしています。その一方で、有価証券に分類される新たなICOは、最近のこの業界では喜ばしいことの一つに思えます。私たちはICOの新たな波を待ち受けているのかもしれません。 歴史的な波 ビットコイン長期保有者は歴史にいくつかのパターンを見始めているかもしれません。最初、ビットコインという先駆的発明があり、数年後にそのアーリーアダプターは巨額の報酬を得るという成功を勝ち取りました。そしていま「私もお金が欲しい」というプロジェクトがいくつか立ち上がり、ビットコインのコードを少しだけ変えた新たなコインが現れました。そして同じことをする数千ものアルトコインの波が押し寄せ、パラメターを微調整し、ビットコインよりも優れていると喧伝し、自分たちもビットコインのように報酬を得るべきだと主張しました。 そして次の波は、マイニングされるコインではなく、自分たちのプロダクトを作るのに必要な資金を調達するために創られ、プレセールされるコインです。マスターコインやイーサリアムなどです。そして、いくつかの注目を集めるプロジェクトが成功するやいなや、これまでに起こったことの繰り返し、つまり「私も」メンタリティーによる プロジェクトの大量発生です。 アルトコインとICOの次の波も、一握りの先駆者の後、追随者の波が押し寄せるという同様の流れをたどるでしょう。 ICO有価証券と次の波 しばらくの間、有価証券もしくはユーティリティ・トークンであることを狙った多数のICOが出て来るでしょう。おそらくプレセール参加者に「利益を期待してはいけませんが、大きなROIを実現した他のICOと変わりはありません。同じ成果を約束はしませんが、でもおわかりですよね」とささやきかけながら。もしかすると、それをユーティリティ・トークンであると呼ぶ言い訳のための機能を付加するかもしれません。「このトークンはユーザーに広告を表示するために使用されるもので、その広告のユーティリティ価値のみを持っています。 私たちが構築しているプラットフォームの一部を表すに過ぎないトークンに投機すべきではありません」といった感じにです。 今、SECの報告書を受けて、いくつかのICOプロジェクトが事態を少し真剣に考えているようです。ユーティリティ・トークンと有価証券トークンの間のグレーな領域は、安全な場所ではなくなっています。ICOはよりしっかりした姿勢を取ることになるでしょう。 コンプライアンスの負担を避けるために有価証券とはかけ離れたトークンのICOも出て来ると思われる一方、有価証券であることを完全に受け入れる新しいICOが登場するでしょう。 すでに有価証券化を目指していて、それに関連したデューデリジェンスをすべて行うなら、トークンからユーティリティうんぬんの論議をはずすことができます。ユーティリティ・トークンの特定の機能に縛られているふりをするのではなく、企業の株式を表すトークンや、配当を受ける権利のあるトークンというものになるでしょう。 より重要なのは、有価証券であるというデューデリジェンスにより、それらのトークンがより一般の投資家を引き寄せるという点です。企業はIPOではなくICOを実施することで、シードラウンドなどではなくトークンのプレセールで資金調達ができるのです。 これがICO有価証券というICOの次の大きな波になるかもしれません。impakCoinのような最初の先駆者が出てきて、すぐに追随者の波がやって来るでしょう。すぐに大金を得ようとする人たちが数多くいるかもしれませんが、暗号通貨業界でこれまでに見たことのない新しいものを生みだす真のイノベーターが現れることを期待します。私はこれに関するアイデアをいくつか持っていますが、10億ドルのアイデアをあまりにも早く放棄すべきではないでしょう。 結論 これまでアルトコインやICOの波が暗号通貨業界を席巻してきました。最近の米国証券取引委員会(SEC)のレポートにより、ICO有価証券という新たな波が同じサイクルを繰り返すことを目の当たりにするかもしれません。そしてそれが業界に新たな投資家を呼び込もことを願っています。 ビットコインカジノはビデオスロットをする非常に普及した方法になった。アナログのスロットマシンに対して、ここ最近急激にシェアを伸ばしているのがオンラインビットコインスロットをはじめとする「ビデオスロット」の存在です。この2ついったいどこが違うのでしょうか。

Stay Connected

143ファンいいね
571フォロワーフォロー
0購読者購読
- Advertisement -

Latest Articles