ICO後のプロジェクト開発

ICO完了後のプロジェクトがしばしば欠いている2つの特徴は、忍耐と綿密な開発プロセスです。資金調達は最初の段階にすぎません。ICO完了後のプロジェクトは、コミュニティーの期待を管理し、製品やサービスを綿密に開発するという二重の責務を負います。これを実行できたICOは少ないので、それらが約束を維持する上でどのように成功しているか、そして同時にそれらがどのように一部のトークン所有者の貪欲さをコントロールしているのかを調べることには価値があります。

簡単に儲かるICOはもうない

トークン所有者の欲求はおそらく、管理するのが最も難しいものです。有望なプロジェクトは期待を生むものであり、ブロックチェーンと暗号通貨の世界では素早く簡単に儲かるという迷信が広まっています。このため、プロジェクトそのものに関心がない投機家が群れてきます。彼らは投機に賭けているのです。トークンが最大の取引所に上場するときにはより関心を持ち、これらの投資家は誘惑と同様に圧力を生じさせます。こうした市場の圧力と誘惑を管理できないICOは、簡単に資金を調達し、開発を後回しにする誘惑に負けてしまい、しばしば業界の評判を落とします。

明確なコミュニケーションで期待を管理するICO

ICOが管理しなければならない投機ゲームの最初の動きは、プロジェクトを誇張してトークン価格を押し上げようとする誤った情報です。最近、IOTAはこの種の誇大宣伝への対応に取り組んできました。このプロジェクトは、マイクロソフトや他の大手テック企業とのパートナーシップを持つと考えられていました。このタイプの誤報は、IOTAの価格を5ドルを上回る高値に押し上げました。それにもかかわらず、プロジェクトの開発者は、Microsoftがパートナーではなくむしろプロジェクトの参加者であることを明らかにしました。その後すぐにIOTAの価格は下がりましたが、開発チームは開発に焦点を戻すことができ、長期的には価格が上昇し、投機家を遠ざけることになるでしょう。

枠組み化により先手を打つ

他のプロジェクトでは、コミュニケーションの枠組みを明確にする努力とメッセージを常に制御する努力によって、このような誤ったコミュニケーションを効果的に回避しています。EOS、Ada Cardano、Revainは、メッセージを管理して誤情報を防止したプロジェクトの良い例です。この3つの例すべてにおけるそのメッセージの枠組みは非常に似ています。これらのプロジェクトの開発者は、トークン投資家とコミュニティに対して、彼らが開発に集中していることを積極的に伝えています。彼らのメッセージには、3つの主要な共通要素があります。

  • 開発マイルストーンへの集中
  • 彼らの仕事は開発がすべてであり、トークン価格ではないことをコミュニティーに伝える一貫した努力
  • 人々や組織にβ版を試してフィードバックを送ってもらうこと

ポジティブなフィードバックの輪

ICOの評判を貶めてきた短期利益を求める投機筋は、この種の情報を手に入れれば即座にいなくなるでしょう。投機家が一度排除されると、プロジェクト開発者は、トークン価格の急上昇による純資産の急増がないため、プロジェクトに取り組むためのさらなるインセンティブを持つことになります。この戦略のもう一つの利点は、開発チームが市場を気にする必要が完全になくなるということです。なぜなら市場は初期の枠組みによって動くからです。市場の参加者が元のメッセージを忘れ、トークン価格の急騰があった場合、プロジェクトはメッセージとその3つの主要な要素を参照することによって迅速に対応することができます。これらは、市場の参加者や投機家に「私は初めにそう言いました」という言葉のアンカーとしての役割を果たします。

マイルストーンメッセ―ジの配置

これらの3つの主要な要素の配置にはさまざまな方法があります。マイルストーンメッセージは、以下の2つの要素の基礎となり、投機家のための最初の警告となります。プロジェクトは、ソーシャルメディアと独自のWebサイトを通じてこの要素を配置します。そこではローンチやテストがあるたびにこれらのマイルストーンを繰り返します。起こるたびにこれらのマイルストーンについて世界に伝えることは、プロジェクトを推進し、コミュニティ内の期待を管理することにもなります。 ここにいくつかの顕著な例があります:

  • EOS SteemitによるDawn2.0に関する投稿
  • v2.0プラットフォームとβテストに関するPRリリース
  • Ada Cardanoの公式サイトのロードマップ

すべては開発に尽きるということを市場に伝える

次の枠組み構成要素はマイルストーンを基にしており、誰よりも投機家に向けられています。プロジェクトがマイルストーンを達成し始めると、投機家は引き込まれ、ロードマップに従っているプロジェクトの成果や予定マイルストーンを誇張しようとするかもしれません。ICOは、市場に対して、価格については気にせず、開発についてのみ気にしていることを伝えなければなりません。ICOは、記事、ソーシャルメディア、自身のウェブサイトを通じてこれを行います。ICOがこの枠組み構成要素をどのように配備するかの適切な例は次のとおりです。

IOTAのサブレディット(sub-Reddit)には、コミュニティに価格を気にするのではなく、開発に焦点を当て始めるべきだとするスレッドがありました。

コインテレグラフのRevainに関する記事では、プロジェクト開発者が革新的なレビュープラットフォームを導入するために、彼らのプロジェクトがIBMのWatsonとどのように相互作用するかを説明しています。

Ada Cardanoは公式サイトの最初のメッセージで、開発者が研究主導のアプローチに集中していることを読者に語っています。

ベータ版テストとフィードバックによる成否の明確化

この3つの枠組みの最後の構成要素は、コミュニティメンバーと市場参加者にテストとフィードバックへ集中するよう促すことです。これにより、プロジェクトの成否が明確化され、より広範な利用へと最終的につなげていきます。この時点で、ICOは公に明確な目標があることを伝達します。それは、彼らはトークン価格よりもプロジェクトの価値に重点を置いているので、プロジェクトを誰かが試して批評し、改善する方法を示唆してほしいということです。この最も明白な例は、Revainが最近製品やサービスのベータ版を試すために人々や組織を参加させた事例です。Revainは、彼らのプラットフォームがトライアル利用できるようになったことを、顧客と市場に積極的に伝えています。

ポジティブな市場とのインタラクション

このコミュニケーションと枠組み戦略が決定的な結果をもたらすことができると宣言するのはまだ早いですが、市場がそれに積極的に反応したことを見ることは可能です。これらのトークンの価格は最近上昇していますが、過度の投機や巨大な期待を示すようなものではありません。これにより、プロジェクトを担当する開発者は、投機家の影響を排除しながら開発に集中することができ、成功への道を明確にすることができます。

オンラインビットコインギャンブルについて学ぶための素晴らしい情報源。

関連記事

143ファンいいね
472フォロワーフォロー

人気の記事