日本におけるOnLive トークンICO

ONL ICO – OnLive

ONL 「様々な分野のエキスパートと世界中に人をライブで繋ぐOnLive」ONLトークンICO・クラウドセール情報

<ONL ICO概要>

英国発のスタートアップOnLive Ltd.が展開する「誰でもどこでもいつでも放送局になれる」ネットワークOn.Liveネットワーク。また誰でもP2Pの分散型コンテンツ配信プラットフォームを支えるコンピューティングパワーを提供することで、収益を上げることもできます。このネットワーク展開を目指したICOを実施します。

On.Liveは英国ロンドンに拠点を置くOnLive Ltdが展開するP2Pの分散型コンテンツ配信プラットフォームです。On.Liveプラットフォームは、ブロックチェーン技術を活用した無制限の拡張性とアベイラビリティ、そして完全に分散化されたピア・トゥー・ピアのネットワークの提供により、動画放送と遠隔コンサルティングという2つの市場に革命をもたらします。コンピュータと帯域幅さえあれば、だれでもこのシステムに参加・貢献することができます。参加者のために効果的に設計された報酬制度が分散化を保証し、ONLトークンによる新たな経済を創り出し、大企業が独占する中央集権化された市場に革命をもたらします。

プラットフォーム上に3つの異なる動画サービスのビジネスモデルを統合しています。

①ライブ・サービス(1:1、1:8):ユーザー(例えば弁護士や医者、求職者など)は各自のサービスを必要とする誰にでもサービスを販売することができます。ライブHD放送はリアルタイムで、チャット機能、課金システムと特別オファー提供の仕組みを備えています。

②ライブ放送(1:多数):パイパービューやペイパーミニッツ(毎分課金)形式による放送を行いたいユーザー向けてデザインされています。優れたB2BおよびB2C技術により、ワークショップ、実践的チュートリアル、スポーツ、会議、TV、SVOD、様々な分野で利用できます。

③トランスコーディング:分散化サービスとして、On.Liveは配信とデータ認証のためのノードを必要とします。トランスコーディングは、ストリーミング動画がトランザクション確認の可能性を組み込む方法です。動画を配信し、同時にネットワーク上でのトランザクションを確認することができます。

On.Liveの成功は、マーケットプレイスにおけるユーザー、コンテンツ制作者、および処理業者の着実な成長にかかっています。On.Liveは、米国、英国、日本、中国、韓国、ロシア市場におけるビジネスの拡大に注力します。中核事業を拡大する規模は、調達する資金次第です。

ゴールは、ユーザーがどこの誰にでもどんなサービスでも提供できて、ブロードキャスター(放送局)になることのができる単一のプラットフォームとなることです。これにより、ユーザーは価値のあるコンテンツを様々なビジネスモデルで提供することで収益を上げることができます。

<ONL クラウドセール>

シンボル:ONL

ソフトキャップ:設定なし

ハードキャップ:プレICO: 14,000 ETH、ICO: 100,000 ETH

トークン供給量:111,000,000 ONL

トークン価格:プレICO:0.0011 ETH、ICO:0.0016 ETH

期間:
1. プレICO:2018年1月22日~2月22日

特別ボーナス価格30%オフで、12,210,000のONLトークン配布

2. ICO:2018年3月11日~4月11日

61,050,000のONLトークン配布

プラットフォーム:Ethereum

タイプ:ERC20

参加可能通貨:Ether(ETH)

取引所:未定

Webサイト:https://japan.on.live/

ホワイトペーパー:https://japan.on.live/documents/OnLive_Whitepaper_JP.pdf

海外 ビットコイン取引所でオンラインギャンブル

関連記事

人気の記事

日本におけるOnLive トークンICOONL ICO – OnLive ONL 「様々な分野のエキスパートと世界中に人をライブで繋ぐOnLive」ONLトークンICO・クラウドセール情報 <ONL ICO概要> 英国発のスタートアップOnLive Ltd.が展開する「誰でもどこでもいつでも放送局になれる」ネットワークOn.Liveネットワーク。また誰でもP2Pの分散型コンテンツ配信プラットフォームを支えるコンピューティングパワーを提供することで、収益を上げることもできます。このネットワーク展開を目指したICOを実施します。 On.Liveは英国ロンドンに拠点を置くOnLive Ltdが展開するP2Pの分散型コンテンツ配信プラットフォームです。On.Liveプラットフォームは、ブロックチェーン技術を活用した無制限の拡張性とアベイラビリティ、そして完全に分散化されたピア・トゥー・ピアのネットワークの提供により、動画放送と遠隔コンサルティングという2つの市場に革命をもたらします。コンピュータと帯域幅さえあれば、だれでもこのシステムに参加・貢献することができます。参加者のために効果的に設計された報酬制度が分散化を保証し、ONLトークンによる新たな経済を創り出し、大企業が独占する中央集権化された市場に革命をもたらします。 プラットフォーム上に3つの異なる動画サービスのビジネスモデルを統合しています。 ①ライブ・サービス(1:1、1:8):ユーザー(例えば弁護士や医者、求職者など)は各自のサービスを必要とする誰にでもサービスを販売することができます。ライブHD放送はリアルタイムで、チャット機能、課金システムと特別オファー提供の仕組みを備えています。 ②ライブ放送(1:多数):パイパービューやペイパーミニッツ(毎分課金)形式による放送を行いたいユーザー向けてデザインされています。優れたB2BおよびB2C技術により、ワークショップ、実践的チュートリアル、スポーツ、会議、TV、SVOD、様々な分野で利用できます。 ③トランスコーディング:分散化サービスとして、On.Liveは配信とデータ認証のためのノードを必要とします。トランスコーディングは、ストリーミング動画がトランザクション確認の可能性を組み込む方法です。動画を配信し、同時にネットワーク上でのトランザクションを確認することができます。 On.Liveの成功は、マーケットプレイスにおけるユーザー、コンテンツ制作者、および処理業者の着実な成長にかかっています。On.Liveは、米国、英国、日本、中国、韓国、ロシア市場におけるビジネスの拡大に注力します。中核事業を拡大する規模は、調達する資金次第です。 ゴールは、ユーザーがどこの誰にでもどんなサービスでも提供できて、ブロードキャスター(放送局)になることのができる単一のプラットフォームとなることです。これにより、ユーザーは価値のあるコンテンツを様々なビジネスモデルで提供することで収益を上げることができます。 <ONL クラウドセール> シンボル:ONL ソフトキャップ:設定なし ハードキャップ:プレICO: 14,000 ETH、ICO: 100,000 ETH トークン供給量:111,000,000 ONL トークン価格:プレICO:0.0011 ETH、ICO:0.0016 ETH 期間: 1. プレICO:2018年1月22日~2月22日 特別ボーナス価格30%オフで、12,210,000のONLトークン配布 2. ICO:2018年3月11日~4月11日 61,050,000のONLトークン配布 プラットフォーム:Ethereum タイプ:ERC20 参加可能通貨:Ether(ETH) 取引所:未定 Webサイト:https://japan.on.live/ ホワイトペーパー:https://japan.on.live/documents/OnLive_Whitepaper_JP.pdf 海外 ビットコイン取引所でオンラインギャンブル