ICO規模の重要性

最も広まっている誤解の1つは、プロジェクトが管理する金額が大きければ大きいほど、プロジェクトが素晴らしいもので、上場後の取引において利益を上げる確率が高くなるというものです。これは、人々が感情によって動く生き物であるからで、その感情の中で特に危険なものは、機会を逃してしまうのではという恐れです。この特定の感情は、大きなコミュニティのあるプロジェクトに多額のお金が流れ、何千人もの人々が参加しているのを見たときに沸き起こりがちです。これは、特に大きなプロジェクトに当てはまりますが、後悔する可能性がある衝動的で非合理的な決定を下す結果に終わる可能性があります。

ICO規模の重要性はいくつかのオンラインギャンブル会社にとってお金を集めるための良い方法でした。 あなたはそれを注意深く監視するべきです。

話を続ける前に、「大型ICO」のいくつかを、私が個人的に参加した小型プロジェクトと比較して、トークンイベントに続くアフターマーケットでどのような動きを見せているかを分析してみましょう。

あなたは適切な選択を3回行うことで、20,000ドルを796,000ドルにすることができ、ICOと株式を混同せずに済みます。暗号通貨市場全体が現時点では非常に低い水準から浮上しているため、非常に高いポテンシャルを持ちます。100年以上も存在している株式と違い、暗号通貨は十分な流動性を持ち始めてまだ3年です。そのため暗号通貨で間違いを犯すことはなく、全体的な市場拡大によって、より大きな利益を得やすいのです。

比較してみると、あなたが誇大宣伝に乗ることを選択し、他の大多数の人のように3つの最も人気のあるICOに投資した場合、796,000ドルではなく3,744ドルを得るだけで終わることになります。

宣伝重視の大型ICO

1,500 – 25,000万ドル

NO!

価値重視の小型ICO

200 – 1,000万ドル

YES!

Bancor(BNT) – 1,530万ドル調達

2017年6月開始価格 $4.49

2017年11月13日現在価格 $1.92

6ヵ月で60%下落

VPlay(XPA) – 690万ドル調達

2017年6月開始価格 $0.013

2017年11月13日現在価格 $0.022

1.5ヵ月で70%上昇

Tezos(ETZ) – 2,320万ドル調達

2017年11月開始価格 $1.91

2017年11月13日現在価格 $1.49

1ヵ月で22%下落

Adex(ADX) – 1,000万ドル調達

2017年6月開始価格 $0.2

2017年11月13日現在価格 $0.91

6ヵ月で455%上昇

Kyber(KNC) – 5,000万ドル調達

2017年9月開始価格 $1.85

2017年11月13日現在価格 $1.12

2ヵ月で40%下落

Iconomi(ICN) – 1,000万ドル調達

2016年10月開始価格 $0.19

2017年11月13日現在価格 $0.98

11ヵ月で515%上昇

大型プロジェクトがアフターマーケットで失敗する最大の理由の1つは、投資家が個人ではないことです。通常100万〜500万ドル単位で投資する「クジラ投資家」または「大量投資家」とも呼ばれる巨大な投資家には、不透明な条件で大幅な割引が適用されますので、個人投資家にとって不公平です。巨大投資家は実際には損失ではない「損失」を伴うトークンの投げ売りをする能力を持っているのです。なぜなら、彼らはトークンをより安く購入しているからです。例えば、彼らが60%の割引を得ている場合、価格が30%下がってもまだ30%の利益を上げていますが、他のすべての個人投資家は30%の損失を被っているというわけです。巨大投資家が得ることができるボーナスは、投資額の大きさと自身の評判に応じて、公式/個人向けICO価格の80%にも達する場合があります。

これらのボーナスは、ICO完了後に、彼らのEtherに追加のトークンまたはキャッシュバックの形で戻ってきます。これらの不公平な取引はまた、プロジェクトの所有者が非公式な取引をカバーするために会社から資金を転用する必要があるため、規制上の問題につながります。この例がTezos(2億3,200万ドル調達)プロジェクトであり、集団訴訟が起こされており、プロジェクトを崩壊させる可能性のあるSECの規制措置が待ち受けています。その主な理由の1つは、所有者がICO完了後にプロジェクト開発のための資金で一連の違法取引を行ったためです。

平均的な個人投資家は、ICOに参加するときに3Etherを消費します。それは現在のEther価格で約990ドルです。当然のことながら、そのような少額では、公式価格とは異なる価格/割引を得ることは不可能です。これは価格下落に対するより強い抵抗につながります(人々がパニックに陥って売却する可能性が低く、価格が回復するのを待つ可能性が高いことを意味します)。また個人投資家は、相互に独立して行動して考えるので、一斉の投げ売りを調整することもできず、これもまた価格下落への大きな抵抗になります。

そしてより重要なのは、個人投資家はエンドユーザーになる確率が高く、サービスコミュニティーに実際の価値を付加するので、トークンに関連するプロジェクトサービスの成長を勢いづけることができます。

一般的に、暗号通貨/ICOプロジェクトにおける個人投資家と巨大投資家の不均衡が大きければ大きいほど、上場後の価格下落の可能性がより高くなります。

これが大型ICOを避けることをお薦めする理由です。大型ICOは規制上の問題を起こしやすい傾向にあり、あなたよりずっと良い価格を交渉している巨大投資家の占める割合がはるかに高いと思われます。

関連記事

144ファンいいね
602フォロワーフォロー

人気の記事