スマートコントラクト

スマートコントラクトとは?

スマートコントラクト(Smart Contract)とは、人間同士ではなく、予め設定された条件に基づいて機械判断をし、契約をする「自動契約」を指す言葉となります。「契約」を「自動的に行う」という響きから、言葉だけを見ると不安のある言葉かもしれません。しかしながら現在、仮想通貨、ブロックチェーン技術において非常に注目を浴びている言葉でもあります。

このスマートコントラクトという言葉の古くは1994年に法学者であるNick Szaboが提唱したのが始まりとなっています。

Nick Szaboはこのスマートコントラクトを表す代表例として「自動販売機」を挙げています。利用者がお金を投入・商品を選ぶという契約を交わした後に選んだ商品を排出するという、自動販売機の一連の流れを「自動契約」としました。

自動販売機で、例えば飲み物を買う際。そこに販売元の人物がいて、お互いに契約書に目を通したり、合意の上でサインをしたりするようなことは、まずありえません。このように契約が自動化、簡略化されていることが「スマートコントラクト」であると定義しました。

スマートコントラクトの利点

では、このスマートコントラクトの概念を取り入れると、どういったメリットが発生するのか。

現代の契約形態の多くは「信用のおける第三者」が介入すること非常に多くなります。例えば不動産契約を考えてみましょう。土地の売り手と土地の買い手の当事者間でやり取りをすることもありますが、基本的には間に「仲介会社」を介して契約することになります。

仲介業者には、買い手と売り手のマッチングをスムーズにするという部分に加えて「信頼のおける第三者」が介入することによって、土地の取引契約により安全性を確立するという役割も持っています。

こういった一連の流れに、スマートコントラクトを導入すると、予め土地の売り手が設定した契約条件と、買い手側が設定した購入条件を、自動的に判断して契約することとなります。

取引相手が設定した契約条件を機械が自動で判断する為、これまで人対人で行ってきた契約上のいざこざや問題が大きく減少することや、第三者の介入がなくなることによって「コストダウン」と「契約の迅速化」も期待されています。

ブロックチェーン技術におけるスマートコントラクト

ブロックチェーンは、ビットコインなどの仮想通貨の基盤である、データの実行履歴をすべて「分散した」コンピュータに記録・公開する技術です。ブロックチェーンにおけるスマートコントラクトでは、契約をひとつの場所で管理するのではなく、契約が行われるとその内容が世界中に散らばったコンピュータに自動的に瞬時に記録されます。そのため、契約内容の改ざん等の不正をする事が事実上不可能となります。これにより、契約する相手が信用性があるかどうかを心配する事なく、オンラインでの素早く安全な取引が可能となります。

ブロックチェーンにおけるスマートコントラクトでは、仮想通貨ブロックチェーンサービスが基盤となります。その代表がイーサリアムです。ビットコインはブロックに取引の情報しか記録できないため、通貨としてしか用いられませんが、イーサリアムでは契約情報も記録できるため、イーサリアムをベースとしたスマートコントラクトを活用したアプリケーション等が多く開発されています。

関連記事

144ファンいいね
602フォロワーフォロー

人気の記事