トークンセールとは

トークンセール(Token Sale)とは、ICO(Initial Coin Offering)における別称の一種であり「トークンを発行、販売して資金調達をする」行為のことを指します。

端的に概要を説明すると企業や個人がトークンセールを立ち上げ、投資家たちがトークンを購入。立ち上げた側がその売上を得る。こういった流れになっています。いわゆる株式投資に近いものがありますが、株式の場合は購入すれば株主となりますが、トークンセールで企業のトークンを購入しても株主のような権利は与えられません。

そもそもトークンという言葉には様々な意味がありますが、トークンセールにおける「トークン」とは「代用貨幣」のことを指します。このトークンには二種類あり、ビットコインといった仮想通貨のように、流通、取り扱いが可能な「通貨型」と呼ばれるタイプと、ほかの資産や実際に出資したサービスの利用などに使用することが出来る「資産型」と呼ばれるタイプが存在します。

トークンセールの意義

どういった形でこのトークンセールを活用するのかというと、例えば会社を立ち上げる際や、全く新しいサービスやプロジェクトを開始する際に「この事業に出資しませんか?」という形でコインやトークンを販売、それを投資家に購入してもらうといった形になります。

トークンセールにおけるセール主催側の最大のメリットが「サービスやプロジェクトそのもの」に価値を付加させ、出資を募ることが出来るという点。その為、従来ならば資金調達のために金融機関や、場合によっては自社株や保有株を売却しなくてはならなかったようなケースでも、トークンセールを通じて資金の調達が可能となりました。

逆に言えば、投資家側にとっても自分が気になるサービスやプロジェクトに気軽に出資をすることが可能となります。そして何より、非常に大きなリターンを産む可能性があるという点。価値が何百倍にも上ったトークンも存在します。

しかしデメリットとなる部分もあります。最も大きな部分としては、投資家たちにとって「担保となる部分」が少ないことです。この点に関してもトークンセールを行う側の設定によりますが、まず第一に株式のように経営権の担保や配当が保証されていないモノが大半であるという点です。また、現在は詐欺的なICOも存在しており、ICOで資金を調達したもののプロジェクト自体立ち上がっていないなど、その見極めが難しくなっています。

また、最終的に大きな価値を生み出した状態で現金化出来るのは仮想通貨取引所へ上場が果たされた時となります。すべてのトークンセールで売り出されたトークンが上場できるとは限らず、また、上場するまでのタイミングもまちまちです。

リターンも大きい分それなりにリスクも付きまとうのがトークンセールと言えます。

トークンセールへ参加

魅力的な企業やプロジェクトのICOがあり、トークンセールに参加してトークンを購入するには、どうすればいいのでしょう。

まずは、ホワイトペーパーやその他の契約事項をよく理解する事が大切です。ホワイトペーパーはICOを実施する企業のウェブサイトからダウンロードできるようになっています。また、トークンセールに関する情報はテレグラムというチャットアプリでやり取りされる事が多くなっています。

トークンセールは通常、時期に応じてプレセールやクラウドセールと呼ばれるいくつかの段階に分かれており、早期に購入するとより多くのトークンがボーナスとして付与される等の特典があります。
トークンの購入については、イーサリアム等の仮想通貨が使用される場合が多いので、トークンセールに参加する場合はあらかじめ、購入に使用する仮想通貨をウォレットに所持しておく必要があります。

関連記事

143ファンいいね
472フォロワーフォロー

人気の記事