仮想通貨とオンラインギャンブルの未来

仮想通貨は、ここ過去数年間大流行しています。次々に記録を破り、信じられないほどの合計に達する通貨であるという事実と同時に、人々は仮想通貨をギャンブルの際に使用していることをご存知でしょうか?

仮想通貨ギャンブルは大変巨大なマーケットで、これは仮想通貨に投資すること自体にギャンブル性があることにもよるでしょう。幸運に恵まれ多くのお金を稼ぐか、はたまた一晩でその大部分を失うことになるか。何が起こるかは誰にもわからないのです。

仮想通貨でギャンブル

オンラインギャンブルで最も人気があるオンラインカジノでも、仮想通貨に特化したビットコイン カジノも登場しています。

スポーツ、イベント、またはブラックジャックやバカラのようなライブカジノゲームなど様々なジャンルにおいて、オンラインギャンブルに仮想通貨を使用する人がどんどん増えています。

1秒あたり約337件に相当する全体のビットコイン取引の約60%がギャンブルに関連しているという話もあります。
さらに多くの取引がギャンブルに関連している可能性もありますが、ギャンブルが違法である国に居住する人でさえも仮想通貨とブロックチェーンの無規制テクノロジーを利用してワールドカップに賭ける方法を探し出してしまったため、正確な数は把握出来ないようです。

仮想通貨の使用によってより勝てるようになるということはもちろんありませんが、クレジットカードや電信送金のような通常の支払いとは比べ物にならないほど速い手続きと手数料がかからないという事実から、ビットコインでギャンブルをすることを好むプレイヤーは世界中で増え続けています。

ギャンブルが合法であるイギリスやその他の国々での仮想通貨の購入方法を知りたい人が多いようですが、あまり心配すべき点ではないように思えます。購入すること自体は非常に簡単で、インターネットにアクセスすれば答えはすぐ見つかりますし、情報交換も多くなされています。通貨を維持するための電子財布さえあればいいのです。

ここでより興味深いのは、実は課税についてはそんなに多くの人が詳しいわけではないということです。皆さんはギャンブルの勝敗は必ず申告しなければならないことはご存知でしたか?ビットコインユーザーでさえ、賞金に課される課税責任を認識する必要があるのです。

ビットコインカジノは日本で非常に人気になりました。多くのプレーヤーはオンラインカジノに入金するためにビットコインを使用しています。

何に賭けたとしても、その勝ち分は法律によって課税されます。賞品や現金、または仮想通貨など、すべて課税所得を生み出します。
ギャンブルの勝ち分に対して25%の税金を課税する国が大半です。この税を控除してくれるカジノもあり、その場合は勝った分と、その源泉徴収税の申告用紙を配布してくれます。万が一用紙を受け取れない場合は、自分自身が申告する責任を負います。
負け分は課税所得から差し引くことが可能ですが、そのためには専門の会計士との相談が必要です。
ちなみにプロのギャンブラーにおいては事情が異なります。プロのギャンブル所得というのは実効所得税で課税されるため、25%の税は適用されません。しかし、プロのギャンブラーとしての資格を得るには税の専門家への相談が絶対に必要です。

近年オンラインギャンブルにおいて、仮想通貨には多くの利点があります。取引の速さと無手数料であること、そしてその匿名性が大きな利点ではありますが、常に安全性や合法性を保つ必要があること、また全ての勝敗を申告しなければならないことなど、注意点も多々あります。

とはいえ仮想通貨とオンラインギャンブルの将来は約束されていると言えるでしょう。

関連記事

人気の記事